同時再建で乳房のボリュームを取り戻す手術には複数の方法があります

乳がんの治療のため乳房の一部あるいはすべてを切除することになったとき、これまでと同様の胸の膨らみをつくるため、乳房再建の手術を行ってくれる医療機関が多くなっています。
中でも乳がんの切除と一緒に行われる乳房再建は同時再建と呼ばれ、ボリュームを出すために人工物を挿入したり自家組織を入れたりする方法が取られます。
手術で乳房を取らなければならないことがショックで、胸の膨らみを取り戻すため人工物と自家組織のどちらを選ぶかまですぐには考えられないということもあるでしょう。
その場合は、組織拡張器であるエキスパンダーという皮膚を伸ばす袋を筋肉の下に挿入しておいてもらえば、あとからじっくり考えて人工乳房に入れ替えることが可能です。
同時再建で乳房のボリュームを取り戻すために自家組織を選んだ場合、体のどこから切除して組織を持ってくるかを考えなければなりません。
多くのクリニックで採用しているのは腹部から組織をとる方法で、比較的大きな傷が残ります。将来妊娠を望む可能性がある方は、腹部からとることを避けなければなりません。背中の筋肉から組織をとって使うことも可能ですが、もともと乳房が大きめでそのサイズに合わせて同時再建を行いたいとき、ボリュームを出しにくいことが背中の組織を使う場合の欠点です。
人工物を使う場合は、美容の分野で使われているものと同様のインプラントを使うことができます。
サイズや形にこだわることができる利点がありますが、変形や硬いしこりなどが起こるカプセル拘縮に注意が必要です。